ページのトップへ

入院・分娩

分娩について

ソフロロジー式分娩法

ソフロロジーってどんな出産方法?

ソフロロジーでは、「お産」を赤ちゃんとお母さんの初めての共同作業、「陣痛」は赤ちゃんを生み出す大切なエネルギーとして受け入れて、前向きな気持ちで取り組みます。

どんなことをするの?

1)テープやCDを聴いてイメージトレーニング
気分を和らげる音楽を聴きながら、お産の様子や生まれてこようとする赤ちゃんのことなどを思い浮かべます。妊娠中からイメージトレーニングで心の準備をし、リラックスしたお産へとつなげていきましょう。

2)心と体でリラックス
ピンク色の元気な赤ちゃんが自然に出てくる力を生かせるように、お母さんは心と体でリラックスしましょう。

3)ゆっくりと深く吐く呼吸法
お産で最もリラックスに効果があるのが呼吸法です。
深くゆっくりとした呼吸法で、心と体がゆったりと落ち着く方法をマスターしておくと、お産のときにリラックスして乗り切ることができます。

※母親教室で、ソフロロジー式分娩法の説明をしています。 実際に音楽を聴きながらリラックスしたり、 イメージトレーニングや 呼吸法の練習をしましょう。

当院では、立ち合い出産が出来ます。
希望されれば、分娩室にて夫のみ可能です。入室時に手を洗い、ガウンを着用していただきます。

入院について

分娩予約

できるだけ早めに外来受付でご予約お願い致します。分娩予定の方が多くなりますと、予約をお断りすることもあります。
『入院予約用紙』をご提出、予約金5万円を納めください。
里帰りで分娩ご希望の方は、御本人もしくは御家族の方が診療時間内に来院のうえ、ご予約ください。
※電話でのご予約は受け付けておりません。

入院・出産時にお持ちいただくもの

【お産の時に必要なもの】
・産褥用ショーツ (前開きのもの)
・汗拭き用タオル
・飲み物
・トコちゃんベルト(お持ちの方)

【入院中に必要なもの】
・母子手帳
・印鑑
・ショーツ(5枚くらい)
・タオル(2~3枚)
・授乳用ブラジャー
・当院からお渡ししたマタニティブック
・洗顔石けんなど基礎化粧品
・母乳パットか、それに代わる小さなタオル
・退院時の赤ちゃんの衣類一式
・季節によってはカーディガン・靴下など
・当院からお渡しした書類一式

【当院で用意してあるもの】
●パジャマ(上下)、スリッパ、タオル、マグカップ、歯磨きセット、ブラシ、ターバン、ゴムなど
●お産セット(各種パット・赤ちゃん用おしりふき)
●シャンプー、ボディソープ、ドライヤー

入院期間とお部屋紹介

【入院期間】
普通分娩の場合:出産の日を含めて初産婦さん6日間、経産婦さん5日間の入院となります。
帝王切開の場合:9日間のご入院(手術前日入院)となり、健康保険の適応となります。

【お部屋】
病室は個室になっております。
※但し、切迫流早産で入院の場合は4人部屋です。

●母子同室制
赤ちゃんは感染から守らなければなりません。
上のお子様以外の子供との面会は、避けて下さい。
症状の現れていない時期の流行性感染症が心配です。
上のお子様でも発熱や発疹、咳、下痢など感染症の疑いのある場合は来院を控えてください。

【面会時間】
15時~20時(日曜日・祭日は、13時~20時まで)
赤ちゃんとお母さんの感染予防と安静のために、なるべく短時間でのご面会でお願い致します。

出産費用について

  • お産は異常の無い限り健康保険は使えません。
  • 普通分娩の場合でも健康保険より出産手当金 ・育児手当金(保険本人の方のみ)の支給があります。
  • 当院での入院費用は約50万円前後ですが、それぞれの方によって多少前後しますのでご了承ください。
  • 入院時前納金として30万円お預かりさせていただきます。

直接支払い制度をご利用いただきますと前納金は必要ありません。
直接支払い制度は、38週前後の妊婦健診の際、全員の方にご案内いたします。
ご不明な点は受付け窓口までお気軽にお尋ねください。

保存